キャリアパスを見据えたSEの仕事探しのポイント

top middle bottom

どう描く?SEのキャリアパス

おすすめの資格 おすすめの資格

仕事探しのポイント

SEとしてのキャリアパスが明確になると、転職を考えるようになるかもしれません。SE転職を成功させるためには、業界の転職事情と自分の市場価値を正しく知ることが大切です。転職時期は人によって異なりますが、SEとしての仕事を5年以上経験しているほうがステップアップできます。近年は、会社員経験を活かしてフリーランスになるSEも増えています。フリーランスは自分で案件を探さなければなりませんが、エージェントを利用すれば営業なしでフリーランスとして活動できます。

  • 転職のコツと注意点 転職のコツと注意点

    SEのキャリアパスが明確になると、転職を考えるようになるかもしれません。大切なのは業界の転職事情について正しく把握することです。SEとしての自分の価値と市場の評価の差を知る必要もあります。自己流の転職活動よりも、専門家のアドバイスが受けられるエージェント型のサービスを利用したほうが成功率を高められます。

  • 転職時期について 転職時期について

    SEのキャリアパスが具体的になってくると、転職の時期について悩むようになります。SE転職のベストタイミングは人によって異なりますが、成功する人に共通しているのは即戦力スキルがあることです。SEになってから5年以上経過していたほうが転職は有利ですが、ステップアップできるのはスキルアップのための努力を続けてきた人です。

  • フリーランス案件の獲得方法 フリーランス案件の獲得方法

    フリーランスSEが案件を獲得する方法はいくつかあり、多くの場合知人からの紹介で案件をつないでいます。人脈がなくても、勉強会やセミナーで同業者の人脈を広げることもできます。クラウドソーシングで実績を作りながらスキルアップしているSEもいます。本格的に活動したい場合には、IT系フリーランス専門のエージェントがおすすめです。

最新の記事

当サイトの人気記事一覧