SEのキャリアプラン例を3つご紹介

top middle bottom

どう描く?SEのキャリアパス

キャリアパスを描く必要性 キャリアパスを描く必要性

SEのキャリアプラン例

SEのキャリアプラン例

AIエンジニア

近年私たちの生活のなかでますます身近な存在になっているAI(人工知能)。自動車に搭載された自動運転システムや、一般家庭にも普及しているお掃除ロボット、ChatGPTなど、あらゆる分野でAIの活用が広がっています。このようなAIを使ったシステム開発を行う職種がAIエンジニアであり、SEのキャリアプランの一つに挙げられます。日常生活上のさまざまなシーンで活用されているだけでなく、企業もAIを活用した開発を進めています。そのため、AIエンジニアの需要は今後も高まり、将来性にも期待できるでしょう。
AIエンジニアになるためには、特別な資格や学歴などは指定されていないことが多いです。しかし、AI開発で求められるPythonをはじめ、IoTの知識などは学ぶ必要があります。また、機械学習やアルゴリズムについて知見を深めておくことも有益です。

セキュリティエンジニア

セキュリティの分野も、AIと同様に近年注目を集めています。ITが一気に普及し利便性が向上したのと同時に、個人情報の漏洩やウイルス感染などさまざまな脅威に備える必要性が高まったためです。こうしたサイバー攻撃から企業や団体を守る役割を担うのが、セキュリティエンジニアです。セキュリティエンジニアの仕事内容は、セキュリティポリシーの策定やネットワークセキュリティの構築など広範囲にわたります。一般的なSEと同様に、フェーズは企画・設計・実装・テスト・運用と分類されています。
転職の際に役立つ資格は、セキュリティ関連の入門資格ともいわれる情報セキュリティマネジメントや、サイバーセキュリティ関連の国家資格である情報処理安全確保支援士試験などが該当します。サイバー攻撃は年々巧妙化かつ高度化している傾向にあるため、セキュリティエンジニアの需要はますます高まっています。SEのキャリアプランの一例として、将来性にも期待できる職種です。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストはITの専門分野に特化した職種であり、プロジェクトの技術面をサポートする役割を担います。レベルが1~7までに区分されているITスキル基準において、レベル3以上のスキルをいずれか一つでも習得している場合にITスペシャリストとして認められます。レベル1は、情報技術者として最低限の知識を有していることが指標とされています。レベル7に該当するのは、プロフェッショナルとしての専門スキルが確立しており、世界で通用するプレーヤーとして認められたITスペシャリストです。スキルの習熟度や経験、実績などを基準に、レベルが認定されます。
レベルは7段階に分かれるものの、ITスペシャリストがITスキルの専門家であることは事実です。IT業界は人材不足の状況にあり、特に上流工程を担えるハイレベルな人材は大いに歓迎されます。SEからITスペシャリストにキャリアアップした際もレベルを段階的に高めることができ、レベルが上がるほど高収入にも期待できるといわれています。

最新の記事

当サイトの人気記事一覧