SEのキャリアパスの種類とその概要

top middle bottom

どう描く?SEのキャリアパス

転職のコツと注意点 転職のコツと注意点

大きく分けて2種類ある

大きく分けて2種類ある

SEのキャリアパスは大きく分けると2つある

ITが社会に欠かせない存在となった今の時代、SEが描くことが可能なキャリアパスは多種多様です。細かく見ればさまざまな方向性がありますが、SEのキャリアパスを大きく分けると2つの種類に分けることができます。ひとつはスペシャリストとしてのキャリアで、もうひとつはマネジメント職としてのキャリアです。それぞれ異なるSEのキャリアパスの概要をまずは理解し、大まかな方向性としてどちらが望ましいのか考えてみましょう。キャリアパスを決めるにあたっては、やりたい気持ちだけでなく適性と照らし合わせることも重要です。

スペシャリストとしてのキャリア

スペシャリストの方向に進む人は、高い技術力を持っている人です。スペシャリストを好む人はマネジメント職にあまり魅力を感じておらず、システム開発の設計から開発まで現場で活躍することを望みます。スペシャリストとしてのキャリアパスを描く場合、現場経験をとことん積み上げていく必要があります。クライアントの要求を的確に把握し、効率的に実現させる方法を考える力を養います。問題が発生した際には、迅速かつ的確に対応します。SEはプログラミングの機会がほとんどありませんが、スペシャリストの道を目指すならプログラミング技術も高めていく必要があります。
マネジメントはスペシャリストにとって専門外の分野ですが、現場によってはマネジメント力が求められることもあります。プロジェクト経験が豊富になってくると、自然とチームリーダーとしての役割を担う形ができるかもしれません。マネジメント職ではなくても、現場で微調整が必要な際に力を必要とされるかもしれません。ひとつの分野のプロフェッショナルとして成長しつつも、マネジメントを学ぶ意識を持つようにしましょう。

マネジメント職としてのキャリア

SEでマネジメント職の方向に進む人は、PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)としてのキャリアパスを描くことになります。マネジメント職のSEは、システム開発プロジェクトの責任者としてさまざまな意思決定を行っていきます。設定された目的に向かってプロジェクト全体を統括し、開発チームの管理を行います。マネジメント職のキャリアパスを考える場合には、適性があるかどうかを慎重に判断する必要があります。マネジメントを方法論として理解できたとしても、適性がないなら思うような結果を出すことはできません。SEがマネジメント職を目指す場合には、チームをうまくまとめられるだけのリーダーシップや観察力、洞察力、決断力など、リーダーに必要な総合的なスキルを身につけていく必要があります。

最新の記事

当サイトの人気記事一覧